• 多摩カレッジ
  • 多摩カレッジレポート
  • お申込み

多摩カレッジ

「江戸東京再発見」講座 ~高円寺から方南町~

投稿日:2015年06月11日




2015年5月13日(水)、「江戸東京再発見」講座が実施されました。
講師は「江戸歴史散歩の会」主宰 榎本民夫 氏です。

今回は中央線の高円寺駅から氷川神社、高円寺、蚕糸の森公園、杉並区の妙法寺を見学しました。
写真は「高円寺」です。

初夏の陽気のなか、昼食をはさんで約2時間のコースでした。


印象的だったのは、妙法寺で行われていた年に1回の行事「法華千部会」です。
たくさんのお坊さんが一同にお経を読む姿に、驚きました。

「千部会」とは、祈願・追善・報恩などのために、壱千部の経典を読誦する法会のことだそうです。

その起源は奈良時代にさかのぼり、日蓮宗においては全国各地から集まった多数の僧侶が法華経一部を省略せずに壱千回読誦することから「法華千部会」と呼ばれるそうです。
妙法寺の「千部会」は、明和4(1767)年頃には年中行事として定着し、以来200余年にわたり江戸庶民にとっての祭り的側面を受け継ぎながら現代に至っているそうです。 (妙法寺 ホームページより)

都内にはあちこちに江戸の名所が残っていることに気付かされます。

「江戸東京再発見」講座、次回6月は日本橋から京橋を歩きます。


PageTop
削除
「江戸東京再発見」講座 ~高円寺から方南町~