• 多摩カレッジ
  • 多摩カレッジレポート
  • お申込み

多摩カレッジ

「多摩の風景スケッチ」

投稿日:2016年12月26日
半年間で11回の講座です。時間は毎月第1・3火曜日午後1時から3時まで、自然豊かな多摩の地域で毎回野外に出て風景をスケッチします。
受講生は現在20名。
今回は2016年12月20日の講座をリポートします。

この日は昭島市の大神公園・くじら運動公園周辺でのスケッチです。
師走も後半とは思えない暖かな多摩川のほとり、下流を見ると八高線が走っています。



とにかく野外に出て新鮮な空気をたっぷり吸って絵を描くことが大好きな人たちばかり。
この日もさっそく各自描きたい場所を選んで自由に描きます。







講師の知久先生は一人ひとり見て回り、「ここをこう描いたら・・」などと、時には筆をとって描き込むなど個別に指導します。



そして、いつものように午後2時30分全員集合。
作品を持ち寄り、講師の知久先生から批評と修正指導を受けます。



先生は説明とともに実際に書き込みます。また、「この枝の描きかたは特徴をつかんでとてもよく描けている・・」など、優れた部分は他の受講生にも参考にするよう紹介します。



自分の作品だけでなくそれぞれの作品に対する批評も共有することで、自分では直接体験していない部分まで学習することができるのです。





この日は予定どおり午後3時に終了し、記念撮影をして解散しました。


PageTop
削除
「多摩の風景スケッチ」