• 多摩カレッジ
  • 多摩カレッジレポート
  • お申込み

多摩カレッジ

創る喜び 陶芸

投稿日:2018年02月07日
自分で作った器で食事を楽しむことができたら、さぞかし楽しいことでしょうね。
それがここではできるんです。


半年間で11回。毎月第2・4月曜日の午後1時30分から2時間、府中市の花峰窯陶芸倶楽部で実施しています。
講座の始まりは2003年の4月。すでに15年続いています。
昨年秋(11月)に開催した多摩カレッジ作品展には、表情豊かな猫たちを出品してくれました。


現在受講者は8名。


15年という節目の年に受講者の皆さんに、この講座のご感想をうかがってみました。

・好きな作品を自由に作れることがいいです。友人にプレゼントして喜ばれ、楽しみがさらに膨らみました。講座を楽しめ、作品が増えていくのも喜びです。(70代女性)

・自分で作った食器が食卓にのぼり、料理も一段とおいしそうに見え嬉しい思いでいっぱいです。家族が「今日の作品はよくできたね」とか、「もうすこしだね」とか感想を言いながら、自作の湯飲みでお茶を飲んでいる姿を見るととても嬉しいです。先生や仲間に恵まれてほんとうに嬉しいです。(60代女性)

・なかなか難しかったけど先生のご指導のおかげで形になりました。実際に使えるものができるのは楽しいです。(50代女性)

・退職後に料理教室で男の料理を覚え、物づくりが楽しくなり、それならば器を作ってみたいと思い入会しました。自作の器に自作の料理を飾り付けすることが更に楽しさを深めています。入会して4年になりますが、毎回苦労しながらろくろを回しています。 (70代男性)

・陶器作りは大変ですが、ていねいに指導してくれます。受講生の皆さんも気持ちのいい人たちで、いつも笑いがあります。(70代男性)
PageTop
削除
創る喜び 陶芸